前へ
次へ

不動産の売買の流れを知っておこう

所有している物件を売るときには、まず売却価格の目安を決めて、不動産業者を探します。
この時の業者はできるだけ信頼できるところに依頼することが大切です。
業者を利用することにより情報を幅広く公開することができて、短期間で売却することも可能になります。
不動産業者とは、所有している物件の価格を査定してもらうことから始まります。
複数の業者に査定をしてもらい、その査定をしてもらう中で信頼できると感じる業者を選ぶと良いでしょう。
依頼する業者を選べば有働さんが売りに出され、購入希望者が現れれば売買契約を結んで物件の引渡しとなります。
物件の購入を考えた時には、まず住みたいエリアや住宅の種類、間取りや入居する時期、予算など、自分の希望する物件をよくまとめておくことが大切です。
希望する物件が明確になれば、インターネットや不動産会社などを活用して条件にあった物件を探し、見つかれば現地見学を行います。
現地見学によって気に入れば物件の購入申し込みをし、売買契約、住宅ローンの契約などを済ませて不動産の登記手続きが済めば引渡しとなります。

Page Top