前へ
次へ

不動産売買において安い物件

不動産物件は高額な買い物です。
そのため売買時の価格が安い物件を選ぶ必要があります。
不動産を購入する際に安く売買されている物件はどのような物件なのでしょうか。
いくつかの物件が挙げられるため、それぞれについて紹介します。
最初に挙げられるのは「任意売却物件」です。
この物件は、所有者が住宅ローンや固定資産税などの税金の支払いが困難になり、物件の所有者が債務返済を目的に売りに出されているものです。
このような物件は安く購入できる可能性が高い傾向です。
物件の所有者は債務の返済を目的に所有権を放棄するため、高額で売却できたとしても、所有者の元にお金が残ることはほとんどありません。
所有者は売却益をいることができないため、物件を高額で売却することに所有者が興味ないため、安く物件を販売していることが多いのです。
その他には、「相続物件」があります。
兄弟や姉妹など共同名義で遺族の不動産を相続したのちに、現金化が必要になった物件は、購入者側が指定した価格である、指値にて購入しやすい傾向にあります。
他にも、売れ残り物件などは安く購入可能です。

Page Top