前へ
次へ

駐車場にするための不動産を売買する

不動産売買は目的が様々ではありますが運用するための不動産というのを手に入れる人も多いです。
不動産の運用方法のやり方としてあるのが駐車場です。
メリットとしては初期投資が少なくて済むということがありますがデメリットとしてはこちらも借りてくれる人が見つからないということもありますし、相続税や固定資産税に関しては別に優遇されていないというような部分がありますので土地活用の方法としては駐車場というのは最初のコストが安くできるという利点はありますがそれ以上のことは特になかったりするので注意しておきましょう。
駐車場にするための土地というのを売買することに関してはそれほど難しいことはないです。
建物ではありませんから、瑕疵などに対して殆ど心配することがないからです。
水はけくらいは確認するべきではありますが、よい立地でのところであれば十分に購入する価値があるところとなり、貸す相手もしっかりと見つけられることでしょう。

Page Top